イカ画家経歴<ニ:彡

宮内裕賀(MiyauchiYuka) イカ画家。
1985年、鹿児島県大隅半島生まれ。タラデザイン専門学校卒業。
2004年頃に近所のおじさんが釣ってきたイカの美しさと美味しさに魅了され、 以来ひたすらイカの絵を描き続けている。
これからも多くの人にイカの魅力を知ってもらいたいと、制作に没頭する日々を送る。
KTS主催の第14回ナマ・イキVOICE アートマーケット(2010年)にてグランプリ受賞。
2012年4月、福岡アジア美術館交流ギャラリーにて個展「イカ展」開催。期間中、ホテルオークラ福岡の3つのレストランとコラボしイカフェア開催。
2012年9月、「九州アート全員集合展」(熊本市現代美術館)。
2014年10月、個展「イカがなmono図鑑展」イリヤプラスカフェ@カスタム倉庫(東京)。
2015年5月、「全国いか加工協同組合創立50周年記念式典」作品展示(ホテルオークラ東京)。
2015年10月、第30回 国民文化祭・かごしま2015開催記念特別展示「アートな海のいきものたち」作品展示(かごしま水族館)。
2015年10月、「Cephalopod Interface in Hawai‘i」作品展示(ハワイ大学)。
2015年11月、「国際頭足類シンポジウム(CIAC2015)」作品展示(函館国際ホテル)。
2017年3月、「Cephalopod Interface in Crete」作品展示(ギリシャ・クレタ水族館)。
2017年11月、「『大隅アートライブ』展 ~カミは“すみ”に宿る~」(鹿児島)。
2017年12月、電子書籍「イカ画家 宮内裕賀のイカがなモノ図鑑」(ワールドフォトプレス)配信開始。
2018年3月、個展「イカスイム」(鹿児島)。
2019年2月、「第22回岡本太郎現代芸術賞入選展」作品展示(川崎市岡本太郎美術館)。
2019年10月、「TOKYO MIDTOWN AWARD 2019 アートコンペ」準グランプリ受賞(東京ミッドタウン)。

○主な掲載履歴
日本経済新聞「文化面」2012年8月2日
ウィズニュース 2017年7月20日
ワールドフォトプレス「モノ・マガジン」 No.681 コラム「イカがな文具~イカ画家宮内裕賀のイカと文具の四次元エッセイ」

ワールドフォトプレス「モノ・マガジン」No.712 表紙、見開き。
モノ・マガジン「イカがなmono図鑑」連載(2013年1月〜2017年10月)。
モノ・マガジン「それでいいじゃなイカ!」連載(2017年11月〜2018年5月)。
モノ・マガジン「日本イカ化計画」連載中(2018年6月〜)。

南日本新聞「フェリア」2010年11月6日号 表紙 
渕上印刷株式会社「Region(リージョン)」No.21 付録ポストカード
鹿児島テレビ放送(株)/有限会社クラウド「かごしま女子本」
Fukuoka Art Tips「九州・沖縄アーティストファイル」
青土社 「ユリイカ」2018年10月号 特集=図鑑の世界 寄稿

○主な出演経歴
2012年12月9日/釣りビジョン「五畳半の狼」 #561 宮内裕賀(1) #561 宮内裕賀(2)
2013年1月2日/鹿児島テレビ 「ナマ・イキ新春SP」『彼女が教えてくれたこと』
2013年3月2日/鹿児島テレビ「チャンネル8」『彼女が教えてくれたこと~イカ画家・宮内裕賀~♯46』
2014年10月21日/日本テレビ「幸せ!ボンビーガール」
2014年11月5日、12日/テレビ朝日「『ぷっ』すま」『イカ部 第7弾』『イカ部 第8弾』
2017年12月13日/NHK総合「4時も!シブ5時」
2018年4月7日/BSプレミアム「ヤミツキ人生」